ブログ

ブログとサイトの違いとは?初心者は絶対に○○○に取り組むべき!

ブログとサイトって聞くけど、何が違うの?
ブログは更新しなきゃいけないけど、サイトは更新しなくてもいいんでしょ?
自分はブログとサイト、どっちが合っているんだろう?

こちらの記事ではそんなお悩み、疑問を解決します。

大前提として、多くの人が違うものとして扱っていますが、実はブログとサイトは同じものです。
というよりブログもサイトに含まれます。

「ブログ サイト 違い」と検索するとさも当然かのようにブログとサイトの違いについて語っている記事ばかりでてきます。

確かに言ってることは分かるんですよ。
ただ、根本的に

ブログはサイトの一種ですからーーーー!

と声を大にして言いたいです。笑

そんなブログ記事が山ほど検索上位に出てくるということは、それが読者さんの求めている情報なのかもしれませんが、僕は屈しません!笑

こちらの記事では、

  • ブログとサイトについて
  • ブログとサイトが違うものだと言われるようになった原因
  • よく言われるブログとサイトの違い
  • ブログとサイトどちらを作るべきか

ということに関して説明していきます。

記事を読むことで、あなたは本当のブログとサイトの意味を知ることができます
また、一般的に言われているブログとサイトの違いを知り、実際に自分がどちらを作れば良いのかを判断できるようになります!!

ブログとは?

ブログ (blog) は、World Wide Web上のウェブページに、覚え書きや論評などを記すウェブサイトである。「WebにLogする」のウェブログ (weblog) をブログ(Blog)と略称する。執筆者はブロガー (blogger)、個別記事はブログエントリーと呼ばれる。
https://ja.wikipedia.org/

はい。
ブログは「ウェブサイトである」
ということです。笑

次で説明しますが、「サイト=WEBサイト」です。
だからブログもサイトということです。

サイトとは?

ウェブサイト(英: website)は、World Wide Web (WWW) 上にあり、一般に特定のドメイン名の下にある複数のウェブページの集まりのこと。サイトと呼ばれることもある。企業などの団体が自身を紹介するため自ら構築したサイトを、その団体の公式サイトなどと呼ぶ。
https://ja.wikipedia.org/

同じドメイン名の下にある複数のウェブページの集まりのことをウェブサイトというそうです。

ブログも同じドメインの中にウェブページを作った集まりなので、WEBサイトということですね。

そして、「ウェブサイトはサイトと呼ばれることもある」とありますね。
ということは、「ブログ=ウェブサイト=サイト」ということです。

ブログとサイトの違いはない?

一応、ブログはウェブログのことで、WEB上にログ(記録)を残すという意味があります。

「ログを残す」となると、何となく日常の記録みたいなイメージです。
ですから、WEB上に日常の記録を書いているようなものはブログと言えますね。

僕のこのWEBサイトも、PVの報告などの日常の記録も書いているので「ブログ」と言えるでしょう。
正しくはブログであってサイトといった感じでしょうか!笑

ブログもサイトではあるのですが、一般的に言われるサイトは日常のことを書いているわけではない情報サイトのようなものですかね。

例えばこんなのはサイトと言われます。
薬剤師の転職サイト
ブルーベリーサプリのサイト
株のサイト

ブログとサイトが違うと言われるようになった原因

先日、

僕はサイトはやってないけどブログはあるよ!

って言われてめっちゃ違和感を感じました。

言いたいことは分かるんだけど、やっぱりなんか釈然としない・・・

何となくニュアンスの違いがあるにしろ、全くの別物として話されているのは問題があるような気がします。
初心者さんは本当に別のものだと思ってしまう可能性があるので。

確かな原因はわからないですが、
ブログとサイトを違うものとしたのは、アフィリエイターが、「ブログアフィリエイト」、「サイトアフィリエイト」というように名前をわけて、アフィリエイトの情報を販売していたからかもしれません。

「ブログアフィリエイト」だの「サイトアフィ」だのという言葉を聞くようになってからその辺を勘違いしている人と出会すようになったので。

情報を販売する側が、収益を上げる方法の違いをわかりやすくするために、それぞれを「ブログ」、「サイト」と分けて呼んだのでしょう。
ブログアフィリエイトだってサイトアフィリエイトの一部なのにも関わらず、その辺の説明はすっ飛ばして!笑

ブログとサイトの違いとその特徴

ここから下に書いている「サイト」とは一般的に言われるサイトのことです。
本当はブログもサイトの一部なので勘違いしないようにしてください!

ブログ サイト
ジャンル ごちゃまぜ 特化
更新頻度 更新が必要 (あまり)更新しなくても良い
PV数 PVが集めやすい PVはブログほど集まらない
収益 大きな収益を得づらい 大きな収益を得られる
収益化の方法 Amazonや楽天などの物販アフィリエイト、アドセンス ASPアフィリエイト

ブログとサイトどっちを作ればいい?

ブログとサイト(一般的に言われているもの)には、先ほどあげた違いを見てわかる通り、それぞれにメリットデメリットがあります。

サイトの方がメリットが多そうだからサイトをやろうかな!

と思う方も多いかもしれません。

もちろん、最初からサイトに取り組むこともできるのですが、僕は初心者はブログから作るべきだと思っています。

その理由をお伝えします。

ブログは色んなジャンルで書くことができる

サイトは基本的に何かに特化したものです。

脱毛なら脱毛。
ファッションならファッション。
と言った感じです。

そして、競合が少ないところを狙うなら、さらに絞ってサイトを作ることになります。

その場合何が困るかというと、

  • 記事のネタがなくなる(記事を増やせなくなる)
  • ジャンル選定を間違えると全く稼げない
  • 競合の強さを見誤ると全く稼げない
  • 最初に構成を考えなければならない

ということです。

しかも、ブログも同様ですが、3ヶ月〜半年はほぼアクセスがありません。

WEBサイトを作り始めた初心者ですと、ただでさえ記事のネタに困るのに、ジャンルという制限がかかるわけです。

そして、どのジャンルなら稼げるか、競合がどのぐらいの強さなのかなんてわからないですよね。

しかも、構成なんて考えられるはずもないです・・・

そして、もし始めたとしても、3ヶ月〜半年は結果が出ないということは、うまくいくかどうか分からないギャンブルに時間を費やすようなものです。

うまく行けばいいですが、初心者で知識もないまま既に今いる中級者以上のサイトに勝てる可能性は低いです。

ブログもサイトのように特化したものにできる

ブログといっても、サイトのような使い方をしている人もいます。

簡単にいうと、ジャンルを特化させたブログを作っている感じですね。
ジャンルを特化したほうがSEO的に優遇されたり、関連記事が多くなることで、ページの回遊率が上がり、他のページも見てくれる人が増えます。

最近はブログでも様々なテンプレートがあり、サイトのような見た目のページを作ることも簡単にできます。

サイトも更新しなくて良いわけではない

「サイトは更新しなくてもアクセスを集め続けられる」などと言っている方がたまにいますが、その考え方は間違えています。

サイトもブログも検索エンジンの上位を争うライバルがいて、もしライバルが自分のサイトよりもいいものを作ってしまったら自分のサイト(ブログ)の順位は下がってきてしまいます。
そうなったら、またライバルに勝てるように、サイトだろうがブログだろうが記事を更新していく必要があります。

サイトは特化している分、たしかにそのジャンルでの評価は高くなります。
ですから、かなりサイトを作り上げれば、更新しなくても順位は安定しやすいです。

これもあって、「サイトは更新しなくてもアクセせうを集め続けられる」と言われたりするわけですね。

絶対に順位が下がらないということはありませんので、サイトだとしてもブログと同じ用に記事は定期的に更新しなければなりません

まとめ

僕が感じている違和感を記事にしてしまいました。笑

途中にも書きましたが、

僕はサイトはやってないけどブログはあるよ!

って言われてめっちゃ違和感あったんですもん!!!笑

ここまでお付き合いしてくださった方ありがとうございます!
自己満記事で申し訳ありませんw

結論、ブログもサイトの一部だよ!!!
ただ世の中の人のブログとサイトの違いのイメージを知っておくことも必要かも!

知っておかないと話が噛み合わない可能性があるのでw