会社の悩み

会社の飲み会に行きたくない?波風を立てない8つの断り方を紹介!

会社の飲み会があって行きたくないけど、断るのは罪悪感がある・・・
断ったときに嫌われないか心配・・・

こんな悩みや疑問を解決していきます。

本記事では

  • 飲み会に行きたくないのは悪いことではない(むしろ普通)
  • 会社の飲み会の断り方
  • 半強制の飲み会がある場合

などなどについてお話ししています

僕はお酒を飲むのは好きですが、会社の飲み会は行く理由がない場合は断ります。
ただ、過去には行きたくない飲み会に参加していたことも・・・

そんな僕が飲み会を断れるようになった経験もふまえてこちらの記事を書いていきたいと思います。

最初に言っておくと、飲み会に行きたくないと思うのは悪いことではありません!
なので、罪悪感をもつ必要はないです!!!

では早速始めていきますね!

飲み会に行きたくないのは悪いことではない

飲み会にいきたくないけど、断るのは悪いかな・・・

こんな風に悩んでいるあなたはきっと真面目な方なんだと思います!

しかし、会社の飲み会を断るのに「悪い」なんてことを思う必要は全くありません!

実はみんな行きたくないと思ってる

実は多くの人が会社の飲み会に行きたくないと思っています。

会社の飲み会ってめっちゃ気を使いますよね・・・。


中にはコロナでの自粛ムードに感謝するぐらいの人も。


入る前の会社の飲み会にも参加させられる始末・・・。

分かります。気の合う友人との楽しい飲み会だったら行きたいのに、会社の飲み会はめっちゃ行きたくないんですよね・・・。

さと
さと
同じ飲み会なのに、不思議!!!笑

他のみんなも思っていることですから、あなただけが罪悪感をもつ必要はありません!

会社の飲み会に行きたくない理由


会社の飲み会に行きたくない理由は色々ありますよね。

こちらでは多くの人が思っている会社の飲み会に行きたくない理由をご紹介します。

気を使う

会社の飲み会となると、どうしても気を使わざるを得ないですよね・・・。

上司にはもちろんですが、同僚にも気を使わなければならない場合あるでしょう。

しかも、人数の多い会社だったりすると、会社の飲み会だとしても知らないような人もいたりします。
よく知らない人と一緒に飲むのは、どこまで気を使わなければいいのか分からないため、更に気を使うことになります。

上司の武勇伝

上司(特に男の人)は過去の武勇伝を語りたがります。

人の自慢話なんて、正直聞いていて気持ちのいいものではありませんよね。

しかも、それが上司となると、聞かないわけにもいかないわけです・・・。

もはや拷問レベルです。

愚痴が多い

会社の飲み会では、基本的に愚痴などのマイナスな話が多いです。

愚痴を言って人のことを悪く言う暇があるなら、その分自分を高める努力をした方がいいです。
しかし、会社員として働いていると、自分の思い通りにならないことも多いので、愚痴が多くなるのも仕方ないのかもしれませんね・・・。

ちなみに、愚痴ばかりの飲み会に参加していると、知らないうちに自分も愚痴を言ってしまっている可能性があります。
人間にはミラーニューロンというものがあり、一緒にいる人に自然と似てきてしまいます・・・。

ですから、愚痴を言うような人とは、飲み会だけでなく、普段からできるだけ付き合わないようにした方がいいでしょう。

無駄に長い

基本的に居酒屋などで飲むとなると、2時間ぐらいだと思います。
2時間でもつまらなければ長いと感じるにも関わらず、会社の飲み会は2時間で終わらない可能性も大いにあります。

愚痴がヒートアップすると、2時間で終わらなくなってしまうこともありますし、
飲むのが好きな人がいれば「もう1軒行くぞ〜!」と2次会に移動することも。

会社に一人ぐらいは飲むのが好きな人がいるので、結構な確率で2次会に誘われるかもしれませんね。
しかも断りづらい感じで聞いてくる人がいたり・・・。

ただでさえ行きたくない会社の飲み会なのに、2次会、3次会なんて続くと思うと憂鬱ですよね・・・。

お金がかかる

会社の公式の飲み会であれば、会社からお金が出る場合もあります。
しかし、自腹で飲みに行かなければならない飲み会も存在します。

行きたくない飲み会に4000円〜5000円がかかるんです。
2次会、3次会と続いたら1日で1万円を越える可能性もあります。

行きたくない飲み会なんかではなく、自分にとって有意義なものにお金は使いたいものですね。

寝不足になる

アルコールが入ることで、睡眠の質が下がりますし、遅くまで飲むことを考えると寝不足になる可能性があります。

次の日が休みであれば、百歩譲っていい(全然良くないですが)ですが、仕事がある場合は1日最悪な気分になります。

休みの日だったとしても、本当はスッキリ起きて有意義に過ごせるはずの休日を、何もやる気も起きない寝てばかりの1日に変えてしまうかもしれません。

無理に飲まされる

やばい上司やパリピのような同僚がいる場合、無理やり飲まされる可能性もあります。

僕はわりと飲めるので、まだいいのですが、お酒が苦手な人からすると本当に最悪ですよね。

会社にもよりますが、学生ノリでイッキなんてさせられるような飲み会もありますし、未だに「オレ(上司)の酒が飲めないっていうのか?」みたいな考えをもっているやばいやつもいます。

無茶振りされる

酒の席だからって、意味のわからない無茶振りをしてくる人もいます。

「○○〜、なんか面白いことやって!」

・・・。
考えただけで最悪ですね。笑

逆におまえやれや〜〜〜〜!って逆ギレしたくなりますねw

しかも、その無茶振りに応えないと「ノリの悪いつまらないやつ」というレッテルを貼られたり・・・。

僕が会社の飲み会に行きたくない理由


今の会社では基本的に飲み会を断ってるのですが、過去には行きたくないと思うような飲み会にもいっていました。

今思うとなんであんな意味のないことを頑張ってたんだろうと思います・・・。

家族との時間の方が大切だから

今は自分の人生の軸をしっかり定めました。

僕は「愛する妻と子供」のために生きると決めています。

ですから、妻や子供にマイナスになる選択はしません。
会社の飲み会に参加することは、お金的にも時間的にも家族にとってマイナスです。

その時間があれば、家事育児ができますし、そのお金があれば、子供のおもちゃを買ってあげることもできます。

ブログを書いた方が有意義だから

こちらのブログはまだ初めて1ヶ月半なので、まだちまちまとした収益しか上がっていませんが、これを続けることで大きな収入を得られる可能性があります。

その下地を作るための作業をした方が、行きたくない飲み会に行くよりも絶対に有意義です。

生活のリズムが崩れる

僕は基本的に6時間睡眠で規則正しい生活をするように心がけています。

飲みにいってしまうと、その日にしようと思っているタスクを終えるために遅い時間まで起きている必要が出てきます。
一回リズムを崩してしまうと、また同じリズムに戻すのが大変なので、飲み会は断るようにしています。

次の日の体調を考えて

お酒を飲んだ次の日は、何となく気分が乗らない事が多いです。

あとは、寝不足もあいまってか、1日やる気が起きません。

若い頃はあまり感じ無かったのですが、30を越えて体調を気にするようになりましたw

飲み会の断り方

飲み会に行きたくない!!!
けど、波風立てたくない!!!

そんな方のために、なるべく波風立てなくて済むような飲み会の断り方を紹介します。

当日飲み会に誘われた場合

まずは当日、突発的に誘われる飲み会の断り方です。

突発的な飲み会のお誘いであればわりと断りやすいと思います。

家に帰らなければならない

こちらは一人暮らしではなく、家族(奥さんや子供、両親等)と一緒に住んでいれば使いやすい断り方ですね。

僕も今は結婚していて小さい子供がいるので、かなりこの断り方は使っています。

僕は妻と子供のことしか考えてないぐらいのキャラで会社でも認知されているので、まず、無理に誘ってくる人がいません。

病院に行かなければならない

少し深刻な感じで「病院に行かなくてはならない」と言えば、無理に飲み会に誘ってくる人はいないでしょう。

ポイントとしては「何の病気?」と聞かれないように、深刻そうな感じで言うことです!
ただ、会社に自分のことを知っている仲の良い人がいる場合は使えない断り方ですね・・・。

すでに先約がある

たまに誘われるぐらいであれば、すでに先約があると断ればOKです。
突発的に誘ってきているわけなので、用事があっても不自然ではありませんよね!

ただ、上司のような断りづらい人に誘われたら何かしら他に理由をつけた方が良いかもしれませんね。

前もって日程が決まっている飲み会の場合

突発的な飲み会を断るのと比較して、前もって日程が決まっている飲み会を断るのは少し面倒ですよね・・・。

いくつか方法を紹介します。

お酒が全く飲めないキャラを突き通す

お酒を全く飲めないことを周りに言っておけば、飲み会に誘ってくることもなくなります。

ただ、お酒を飲めないキャラだと、「たまには飲みたいかも!」なんて時もお酒を飲めないので注意が必要です。

前もって準備をしておいたり、キャラ作りをしておくことで飲み会に誘われない、断りやすくなるのでおすすめです。

病気もちであることをにする

飲めないキャラを作るのと似たような感じですが、病気もちであることにしておけば、飲み会には誘われなくなります。
お酒を飲んではいけないとドクターストップがかかっていることにすればOK!

これも先ほどと同じで、「たまに飲む」ということはできなくなりますが、それでも良ければ使える方法です。

家族の体調が悪くなったことにする

家族の体調が悪くなったと飲み会を断ることもできます。

会社の飲み会だと、コースで予約していることも多いと思うので、前日ぐらいに言うのがいいでしょう。

キャンセルはいつまでか、お金などはかからないかを確認して、使えるようでしたらありですね。

お金が無い(節約している)

お金が無くては飲みに行けないので、お金を理由に飲み会を断ることも可能です!

しかし、会社の飲み会でお金が出る場合は使えません。

また、お金を理由にしてしまうと

上司
上司
飲みに行こう!
自分
自分
お金が無くて・・・
上司
上司
おごるに決まってるじゃんか!
自分
自分
・・・((((;゚Д゚))))

という感じで逃げ道が無くなる可能性もありますw

同僚だったら使ってもいいですが、上司相手にこれの断り方を使うのはやめておいた方が無難ですね・・・。

飲み会を断るデメリット

会社の人と仲良くなれる機会が減る

飲みニケーションという言葉があるように、飲み会がコミュニケーションの場になる場合もあります。
確かに飲み会で同僚や上司と仲良くなることも可能です!

しかし、会社の人と仲良くなりすぎると逆に仕事に支障がでる可能性もあります。

さと
さと
仲良くなると、嫌われたくないという気持ちが出てきて仕事で遠慮が出たりするよ!

そして、円滑に仕事を進めることができるようにするぐらいのコミュニケーションは、仕事中の時間で十分です。

自分の知らない話が出る可能性がある

飲み会の時に話したであろう、自分が知らない話が会話に出ることがあります。

そうなると、何となく自分だけ置いていかれた感ありますよね?

ただ、そんなこと気にする必要はありません。
飲み会の時の話は基本中身のない話が多いので、むしろ知らない方がいいぐらいに思っておきましょう。

付き合いの悪いやつというレッテルを貼られる

飲み会を断っていると、もしかしたら「付き合いの悪いやつ」というレッテルを貼られることがあるかもしれません。

ただ、飲み会を断ったぐらいで、そんなこと言っている人は完全に社畜脳のヤバいやつか、中高生と同じレベルのコミュニケーションしかとれない人です。

そのような人に何を言われても気にする必要はありません。

会社の飲み会は全てが無駄なのか?


正直無駄なことの方が多いです。

しかし無駄じゃない会社の飲み会もあります。
無駄な飲み会については前に書いた「飲み会に行きたくない理由」に書いたことが当てはまるような飲み会です。

そのような無駄な飲み会に行きたくないのは当然ですし、無駄なので断ることを推奨します!

逆に会社の飲み会でも、無駄ではない飲み会も稀にあります!
そのような飲み会であれば参加してみるのもいいかもしれませんね!!!

無駄ではない飲み会とは?

自分の尊敬する人が参加する飲み会

会社に自分が目指しているような、尊敬できる人がいる場合に限りますが、その人が参加する飲み会は無駄ではないです。

仕事中なかなか話せないような人だとしても、飲み会であればその尊敬する人とざっくばらんに話すこともできます。

その人がどんな考え方をしていて、どんな経緯で現在まで至ったのか、色々話を聞いてみましょう。
自分がその人のようになりたいのであれば、まずは真似するところからです!

いい出会いがある場合

これは、会社の飲み会ではあまり期待できないかもしれません。

ただ、大企業などで、他部署の人と全く関わりが無いような場合は、飲み会に行ってみることで面白い人と知り合う可能性もあります。

僕は会社の上司で、会社の仕事以外に自分で会社を経営していたり、フリーランスで大きく稼いでいる人がいるので、その人たちとは一度飲みに行ってみたいと思っています。

飲み会自体が嫌いな場合の解決策


僕は楽しい飲み会であれば好きな人間ですが、根本的に飲み会自体が嫌いな方もいますよね!

そのような方のための解決策をご紹介しますね!

会社自体は好きなら上司に相談

会社自体は好きで、今後も働いていきたい!
けど、どうしても飲み会は好きになれないので行きたくない・・・

そんな方は会社の上司に相談してみてください!

まともな上司であれば、相談することで、あなたが飲み会に参加しなくても大丈夫なように配慮してくれたり、環境を整えてくれます。

会社が嫌いな場合

会社も嫌いでできることなら辞めたい・・・。
そんな会社の飲み会なんて絶対に参加したくない!

そんな方は結論から言うと、会社を辞める方向に動いた方がいいです。
そのためには次の2パターンの行動が考えられます。

転職活動する

働きながら、土日も使って転職活動をしましょう。

すぐにでも辞めたい気持ちはわかりますが、衝動的になって辞めるよりも、しっかり次の転職先が決まった状態で辞めたほうが精神的に余裕ができます。

今は転職活動するにしても便利なサービスが多いので、使ってみるといいでしょう。

僕が転職活動のときに一番使ってたのはマイナビエージェントというサービスです。

まずは副業する

いきなり転職はちょっと・・・

という方は、仕事をしながらまずは副業に取り組むのがおすすめです!

副業で成果が出ると「会社に依存しなくても生きていける」という心の余裕が生まれます。

そして、会社にしがみつく必要が無くなると、会社での人間関係もあまり気にならなくなるので、ストレスフリーになります。

ちなみに、僕がおすすめする副業はブログです。
ブログは会社員をしながらでもコツコツと収入を積み重ねていくことができますし、何より初期費用がほとんどかからないのがいいところです!

会社で強制参加の飲み会がある!?

会社で強制参加、もしくは半ば強制参加しないといけない雰囲気の飲み会がある場合、即その会社は辞めたほうがいいです。

いつの時代の会社だよって感じですね・・・。

時代の流れも感じられない会社は頭のかたい経営陣や上司が多い可能性が高いです。

そんな会社に長くいても自分が擦り切れるだけですので、さっさと転職活動を始めましょう!!!

まとめ

飲み会に行きたくないのは全く悪いことではないので罪悪感を覚える必要はありません!

そして、あなたが行きたくないと思っている飲み会は、参加しても無駄なことしか無いので断りましょう!
会社の飲み会断り方は別の記事にまとめていますので、そちらをご覧ください!

あなたが、会社の飲み会に行きたくないと感じるぐらい人間関係に既にストレスを感じているのであれば、転職活動もしくは副業を始めることをおすすめします。

また、

  • 飲み会を断ることで何か言われるような会社
  • 強制参加の飲み会が存在する会社

に関しては、その時点ですでにブラック臭がするので、我慢せずに上と同じく転職活動or副業をするべきです!