習慣化

掃除を習慣化するコツ 5選 | キレイな部屋を保つために意識するのは2つだけ!

部屋がキレイな方がいいことはなんとなく分かるけど、結局いつも部屋が汚くなる・・・
掃除が習慣化できたらいいんだけど何かコツはないかな・・・

こんな疑問や悩みを解決するために、こちらの記事では掃除を習慣化するコツをお伝えしていきます!

僕も掃除はめちゃめちゃ苦手で、片付けても片付けてもいつも結局部屋が汚くなっていました。

しかし、今は掃除を習慣化したことによって「掃除をしている」という意識もなく掃除ができるようになりました!

僕自身の体験、経験もふまえてお話ししていきますね!

では早速始めていきましょう!

結局部屋が汚くなる原因

今まで何度も「部屋をキレイにする→汚部屋になる→キレイにする→汚部屋になる」を、繰り返してきました。

掃除するとなると完璧にキレイにするのですが、その後結局しばらく掃除しない期間があると結局汚くなるんですよね。

本当に部屋がキレイな期間なんて1週間や2週間ぐらいでした・・・

何でそんなことになるのか、原因は2つでした。

そもそも楽に掃除ができる環境じゃない

まず大前提として、部屋に物が多すぎました。
いらない物もなかなか捨てられず、ずっとしまっていました。

こんな状態だと、掃除をするのにやる気が必要になります。
やる気が必要な行動は、モチベーションが上がらない時は絶対にやりません。

これだと自分が許せる限界まで部屋が汚くならないと掃除をしなくなります。
なので必然的に部屋が汚い状態は長くなってしまいますよね・・・

掃除を習慣化できていないから

結局部屋をキレイに保つには、「日々の掃除」が必要です。

ですから、日々掃除をするように習慣化する必要があります。
無意識に掃除ができるところまで習慣化することができれば、「掃除をしている」という意識もないままに部屋をキレイに保つことができるようになります!

部屋をキレイに保つ方法

先ほどお話しした部屋が汚くなる原因から考えると、部屋をキレイに保つ方法は以下の2つです。

  • 掃除しやすい部屋にする
  • 掃除を習慣化する

それぞれ説明していきます。

掃除しやすい部屋にする

物が無ければないほどキレイな部屋を保ちやすいです。

これは何となくイメージがつくと思います。

極端な話、部屋に全く何もなければクイックルワイパーでサーっと一拭きすれば掃除は終了です。
よっぽど広い部屋でもない限り1分程度で部屋の掃除は終わるでしょう。

部屋がごちゃごちゃしていればしているほど、掃除が面倒になります。

もちろん全てのものを捨てろとは言わないですが、キレイな部屋を保つためには必要最低限のもの以外は置いておかないようにするといいでしょう。

掃除を習慣化する

日々の掃除を習慣化できれば、部屋がキレイな状態を保つことができるようになります。

習慣化の目標としては「歯磨き」レベルに無意識で掃除ができるようになることです。

ここまでくれば、意識して掃除をすることなく、常に部屋はキレイな状態を保つことができるでしょう。

ただ、「習慣化」がなかなか難しいと考える人も多いですよね!
なので、習慣化のコツについてもお話ししますね!

掃除以外も習慣化したいという方は別のページにまとめていますので、掃除以外も習慣化したいという方はそちらも合わせてご覧ください!

習慣化のコツ | 面倒くさがり屋でも継続できる! こんな悩みを解決していきます。 こちらの記事では、 面倒くさがり屋でも継続できるようになる習慣化のコツをお話します。...

掃除を習慣化するコツ

掃除を習慣化する1番のコツはついでに少しずつやることです。

では、コツを説明していきます!

基本はついで掃除

掃除は「ついで」にするのが習慣化するのに一番重要です。
食器を溜め込んでから洗うよりも、食べ終わったら洗うようにした方がなんとなく楽そうな気はしますよね?

掃除を習慣化するのは、そういったものを増やしていくことが重要です。

例えば、僕がしていることを一部上げると
朝起きてトイレに行ったついでにトイレ掃除(トイレクイックルで一通り掃除)をする。
お風呂を上がるときに浴槽を掃除して、排水口の髪の毛をとるようにする。

などです。

1回1回は2〜3分程度の簡単なことです。
簡単なことであれば習慣化しやすいため、特に意識せずとも自然とついでに掃除をするようになります。

掃除グッズを手の届くところに置いておく

「ついで」に掃除をする場合重要なのが、手の届くところに掃除するグッズをおいておくことです。

僕もトイレ掃除のときに簡単にトイレクイックルが取れるような配置にしています。

掃除をするのに何か道具が必要なのであれば、その道具はすぐに使える位置に置いておきましょう!

掃除をする時間やトリガーを決めておく

基本は「ついで」ですが、ついででは掃除しきれないところもあります。

ですから、ついででできない日々やるべきことは時間を決めたり、トリガーを決めたりするのが習慣化のためにはおすすめです。
トリガーとはその行動をするきっかけになることのことです。

僕は床をクイックルワイパーで掃除するのはトリガーを決めてやっています。
そのトリガーは「妻が子どもをお風呂に入れる」です。

妻が子どもをお風呂に入れ始めたら、家の中を一通りクイックルワイパーで掃除しています。

床掃除は「ついで」にすることもできるのですが、僕はトリガーを決めてやるようにしています!

曜日を決めて掃除をする

日々やるようなことでは無いけど、定期的にやったほうがいい掃除もありますよね!

そのようなものは、曜日を決めて取り組むのがおすすめです。

毎週するべきこと、隔週ですること、月1ですることをそれぞれ曜日を決めて最初に決めてしまいましょう。
そのときにする時間も一緒に決めておくといいでしょう。

ただ、週1以上ですることに関しては、なかなか習慣にはなりません。
ですから、基本的には分かりやすいように、自分でカレンダーに書き込んだり、スマホのアプリに登録しておく工夫がひつようです。

まとめ | 掃除の習慣化のコツはついでに毎日少しずつ

部屋をキレイに保つために掃除を習慣化するコツについてお話しさせていただきました!

まずやるべきことは、掃除をしやすい環境を作ることです。

それができたら、掃除はついでに毎日少しずつが習慣化のコツなので、それを意識して無意識で掃除ができるように習慣化してみてください!