会社の悩み

会社に尽くす意味はないので、自分のために生きよう

毎日残業で、家と会社の往復しかしてないよ・・・
会社のために頑張ってるのに、なんか報われてない気がする・・・

こんな悩みや疑問を解決していきます。

【本記事の内容】
こちらの記事では、会社に尽くすことが損な理由と、会社に尽くさないで自分のために生きる方法についてお話ししていきます。
さとゆし
さとゆし
僕は「会社に尽くす」という意識を全くもっていなく、そのおかげでもあってストレスフリーでゆるゆると会社員ができているよ。

しかも「会社に尽くす」って意識が無いほうがうまくいったりして、10ヶ月で3回昇進した経験もあるよw

日本人は真面目で、頑張ることが美徳だと思っている人が多いです。
あなたも「会社の仕事は頑張らないといけない」とどこかで思ってないでしょうか?

最初に結論を言ってしまうと、「会社に尽くす」と損をします

なので、会社に尽くすぐらいなら自分に尽くした方が絶対にいいです。

では早速始めていきます。

会社に尽くす意味がない理由

何度も言いますが会社に尽くしても意味がありません。

むしろ尽くせば尽くすほど損をするといってもいいでしょう。

頑張ってもリターンが少ない

会社で売上を上げたとしても、それが全て自分に入ってくるわけではありません。

もちろん自分だけで上げた売上では無いかもしれませんが、それにしても手元に還元されることは少ないです。

そもそも時間給がほとんどで、給料はほとんど変わらない場合もありますし。

「売上の一部を還元する」という会社もあると思います。
ただ、100万円の売上を上げたとして、あなたに入ってくるのはその20%がいいところです。(一人で売上を上げたとして)

自分の成果も全ては会社の成果

何か会社で大きな結果を出したとしても、それは会社の功績であって、自分の功績にはなかなかできません。

会社の評判は上がりますが、それは直接自分につながるものではありません。

まあ、会社内での評判は上がるかもしれませんが、そのぐらいです。
給料もほとんど変わらない場合もあるでしょう。

給料には上限がある

会社に尽くして頑張ったとしても給料には上限があります。

自分が可能な限り昇進したとして、今その地位にいる人の給料が天井です。

会社の規模や取り組んでいる事業の市場規模によっては、年収1000万円もいかないなんてザラです。

そのような会社に尽くして頑張ったとしても、全く自分の人生にプラスになりません。

一番大切な時間を切り売りしている

そもそも先程も言ったように、会社員は時間給の場合が多いです。
全人類に平等に与えられている一番大切な「時間」を切り売りしているわけです。

1日8時間、月160時間働いたとしても、月30万・・・
人によっては20万円とかかもしれません。

大切な時間を使っていることを考えることができれば、残業して少しでも給料を上げようなんてバカな考えをするような人も少なくなるかと思います・・・。

何かあったとき会社はあなたを助けてくれない

コロナが流行ってしまったことによって、財政危機に陥る会社が多くありました。

そんな状況になったときに実感したのが、「会社は社員を助けてくれない」ということです。

仕事がないから出社しなくていい→給料を払わない

なんてこともありますし、

航空会社も大変でCAさんなども仕事が無く副業をしている現状です。

結局会社が窮地に立たされたら、残念なことに従業員のことなんて考えてくれないんです・・・。

さとゆし
さとゆし
前職の会社は財政難というわけではなかったけど、緊急事態宣言が出ても強制出社だった・・・。
「社員のこと考えてないわ〜」と思って辞めましたw

会社に尽くさなくていいようにする方法

会社を利用する意識をもつ

そもそも「会社のために自分がいる」わけではなく、「自分のために会社がある」ぐらいの意識を持つことが重要です。

日本人は真面目な人が多いので、なかなかそのように思えないかもしれませんが、「頑張ってしまっているな〜」と感じたときに、思い出すようにしてみてください。

また、実際に会社は様々な福利厚生があったり、自分の成長のためにお金が使えたりします。
会社で使えるものは全て使い倒して、自分のためになることをやっていきましょう。

残業せずに自分のために時間を使う

時間を切り売りして給料をもらおうなんて考えてはいけません。
なんせ、一番大切なのが「時間」ですから。

残業せずに、自分のために時間を使うようにしましょう。

さとゆし
さとゆし
余った時間でまず始めるのにおすすめなのは「副業」だよ!

ちなみに

残業代の給料が無いと生活できない

っていう人はそもそも生活レベルが収入に見合ってないので、まずは自分の生活を見直すところから始めましょう。

あとはもし今の御時世「残業しないと仕事が終わらない」というような会社に務めているなら、普通にブラックなので、転職を考えたほうがいいかと・・・。

業務の時間もできる限り自分のために使う

仕事に関係のある勉強であれば、業務中にしても許される会社は結構あると思います。
なので、仕事に関係のあることで、自分のためになることを見つけ、業務時間に勉強するようにしましょう。

勉強することであなたの能力が上がれば会社のためにもなるのですが、持つべき意識としては「全ては自分のため」です。

合わない会社は転職する

・人間関係が合わない
・仕事の内容が合わない
・待遇が合わない

いろいろと会社に対してストレスを感じる部分があると思います。

ある程度の妥協は必要かもしれませんが、「どうしてもその会社で働くのが苦痛」というのであれば転職するのがおすすめです。

今、会社も多様化してきているため、あなたに合った会社も絶対にあります。
また、今の時代、より待遇のいい会社に転職していくのが普通になってきているので、気軽に転職を考えてもいいでしょう。

会社以外の人間関係も作る

人間関係が会社のみだと「会社の人に嫌われたくない」というような気持ちが出てきてしまう可能性があります。

そうすると、気をつかってストレスになってしまいます。

少し冷たい言い方かもしれませんが、「会社の人は友達ではなく、ただのビジネスパートナー」ぐらいに思っておいた方いいでしょう。

さとゆし
さとゆし
その方が無駄な飲み会なども断りやすいよ

あと、なんだかんだそのぐらいに思っていたほうが仕事もうまくいくような気がする!

自分のために生きたほうが絶対にいい

何度も繰り返しになりますが、会社のために尽くすのをやめて、自分のために生きるようにしてください。

会社のために生きているわけではないはず

とはいえ、ほとんどの人は好きで会社のために生きているわけでは無いはずです。

結果的にそうなってしまっているのだと思います。

まずは「会社に尽くしてしまっている」という現実に目を向けた上で、少しずつ自分のために生きられるように意識を変えていきましょう!

会社を利用して自分のために生きるためのロードマップをまとめているので、そちらも合わせてご覧ください!

ストレスフリーのゆるゆる会社員になるロードマップ そんな人のために、こちらの記事では ストレスフリーでゆるゆると会社員を目指すためのロードマップをご紹介しています。 ...

まとめ

  • 会社に尽くすのは意味がない
  • 会社に尽くさないようにする方法

についてお話ししました。

「会社に尽くす」、「会社のために頑張る」なんてことは、自分の人生を無駄にしてしまうことが多いので本当におすすめしません。

まずは会社のために尽くしてしまっているという現実を認識して、少しずつ意識を変えていくようにしましょう!

さとゆし
さとゆし
無理に頑張らないで自分のために生きていいんだよ!