副業

家事と子育てをしながら副業で成功するための方法はシンプルだった。

副業をしたいけど、家事や子育てで全く時間がない!

こちらの記事はこんな悩みがある方に役にたちます。

【本記事の内容】

  • 家事や子育てをしていても時間を作る方法
  • 家事や子育てをしながらするのにおすすめの副業

家事はやることがある程度決まっているのでまだいいです。
しかし、子育てはイレギュラーなことが多すぎて、副業をしようとしていてもなかなか時間をのが難しいと感じている方も多いのではないでしょうか?

それが家事と子育て両方となると・・・。
本当に自分の時間なんて全くとれないと思っている人もいるのでは?

僕は会社への通勤時間と昼休みの時間のみを使って、5ヶ月目に会社の給料を越えることができました。
家事育児に関しては、妻よりも全然できていませんでしたが、家での時間は全て家事育児に使うようにしています。
時間が無い中で副業で成果を出すことができたので、そのときに考えたことを共有していきます。

家事、子育て、仕事に追われているお母さんは僕以上に時間が取れないと思いますが、それでも副業で成果を出すことは可能です!

では早速始めていきます。

時間を作る

「時間が無い、時間が無い!」と言っていたところで、時間はできません。
副業で本当に成功したいと思うのであれば、時間は作り出す必要があります。

「時間を作り出すなんて無理」と思うかもしれませんが、騙されたと思って、一度こちらに書いたことをやってみてください。

もしかしたら焦るを感じていることにより、時間が無いと思っているだけかもしれません。

自分の生活を振り返る

まずは自分の毎日の生活で何にどのぐらい時間をかけているかをこと細かに記録してみましょう。

僕であれば

6時
起床後トイレ→トイレ掃除→体重を量る→水を飲む→軽い筋トレ
6時半
その日の予定の確認(子どもが起きるまで少し作業)
7時
会社に行く準備(着替え、髪のセット、ひげ剃り、歯磨き)→子どもの保育園に持っていくものの準備(時間があれば床掃除など)
7時半〜
子どものオムツ替え→ご飯(保育園の連絡帳の記入)
8時20分〜
通勤(通勤中は作業)

朝通勤まででこんな感じです。
(理想はもっと細かく、歯磨きの時間なども記録)

これをとりあえず3日ぐらい記録してみましょう。

無駄にしている時間が無いかを考える

記録したものをもとに無駄にしている時間がないかを考えてみましょう。

多くの人は「時間がない」とはいうものの、自分の1日の記録を見ると無駄にしている時間があるものです。

正確な情報は忘れてしまいましたが、多くの人はSNSなどを無意識のうちに触っているそうで、毎日1時間以上を無駄にしているそうです。

記録して客観的に自分の行動を見ることで、無意識に無駄にしている時間をあぶり出していきましょう!

睡眠を削るのは?

何かを成し遂げようとすると、「睡眠時間を削る」という考えになる人が多くいます。

正直これは効率が悪いのでおすすめはしません。
サラリーマンのマインドだと、働けば働くほど収入が増えると思いがちですが、そうではありません。

長時間作業したところで、睡眠不足では集中できませんしクリエイティブな発想なんてもってのほかです。

しかも子育てはただでさえ寝不足の中でやっていく必要があるので、さらに睡眠時間を削るとなると副業どころの話ではなくなってしまいます。

まぁ、副業を始める最初の段階で単調作業が必要なこともあるので、期間限定で睡眠時間を削るというのは作戦としてはありかと思います。

とはいえ、続けることが最重要なので、無理はやめましょう!

家事、子育てで習慣化できることを考える

疲れというのは肉体的なものと精神的なものがあります。
脳みそが疲れてしまうと、体が疲れて動けないのと同じで行動することができなくなってしまいます。

日々の行動を習慣にできると、脳みそが疲れるのを防ぐことができるようになります!
少し専門的な言葉を使うとウィルパワーの消費を抑えることができるということです。

家事はほとんど習慣化できると思います。

しかし子育てはイレギュラーの連発なので、習慣化することができないことも多いです。
ただ、その中でも習慣にできることもあるので、まずはできるところから習慣にしていきましょう!

自分の時間が全く取れないような会社なら転職する

会社の仕事が忙しすぎて、昼休みも取れない、帰ってきたらもう心身ともに疲れ切ってしまって何もやる気が起きない。

そんな会社で働いている場合、副業に集中して取り組むなんてことは不可能です。

そんな場合はまずは転職を考えましょう。

僕の妻は本当にすごくて、フルリモートの会社で「残業も全くなし&1日の中のいつ作業してもいい」という会社で働いて月給で35万円ほどもらっています。

探せば好待遇の仕事は必ず見つかりますので、今の会社で余裕がないと感じるのであれば転職を考えてみるのも一つの手です。

転職するスキルがなければ、スキルを身につける

現状、待遇のいい会社に転職できるスキルがないのであれば、まずは副業するよりもスキルを身につけた方がいいでしょう。

会社の業務に関係することであれば仕事中に勉強することも可能だと思うので、会社での時間を有効活用してスキルを身につけましょう。

家事子育てをしながらでも成功するために選ぶべき副業

会社で働きながら、しかも家事も子育てもしながら副業で成功したいと思うのであれば、選ぶ副業がかなり重要です。

時間を切り売りしなくていい副業

時間がない中副業で成功しようと考えているのにも関わらず、時間を切り売りするような副業を選ぶのはNGです。

時間を切り売りする副業というのは、例えば
・時給のアルバイト
・日雇いの仕事
・物販

などです。

自分の時間を切り売りするものはいくら続けても働いた分しかお金が入ってきません。

つまり収入を得続けるとなると、自分の体を酷使し続ける必要があるということです。

肉体労働以外の副業

肉体労働を副業にしてしまうと、体力的に厳しくなってしまいます。
また、肉体労働のほとんどは先ほど話した「時間を切り売りする」に当てはまってしまうため、どちらにしてもNGです。

資産になる副業

ここでいう「資産になる」の定義は、「自分が働かなくてもお金を生み出してくれるようになるもの」のことです。

つまり、一度作ってしまえば長期間何もしなくてもお金が入る仕組みを作るのを副業にするべきということです。

このような副業を選んでおけば、空いた時間にコツコツ作業していくことで大きな金額を副業で得ることが可能になります!

資産になる副業の例

  • オンラインコンテンツの販売
  • ブログ
  • アフィリエイト
  • Youtube

同じ労力で稼げる金額が増えていく副業

自分の労力を変えなくとも、続けることで収入を増やしていくことができる副業もあります。

最近で言えばオンラインサロンなんかがそれにあたります。
会員が増えれば必然的に収入が増えていきます!

同じ労力で稼げる金額が増えていく副業の例

  • オンラインサロンの運営
  • 交流会の主催者
  • セミナー講師

単価をあげていける副業

時間を切り売りするものを副業にするのはNGと書きましたが、時間あたりの単価をあげられるものは必ずしもNGではありません。

次に書くものに関しては、スキルがあれば十分な収入を得ることができるものです。

単価をあげていける副業の例

  • WEBコピーライター
  • WEBデザイン
  • プログラミング

頑張るのは大切だけど、無理はしないこと

自分が倒れたら本末転倒です。

精神的にも体力的にもきついときはあると思います。
その時は休んでいいんです。

少しずつ積み重ねることができる副業を選んでいれば、自分のペースで成果を出していくことができますので、自分が無理しなくても成果をあげていける副業を選択するようにしましょう。

一番大切なものを考える

副業を始めると成果をあげようあげようと焦ってしまうかもしれません。

しかし、大切なものは副業で成果を上げた先にあるものです。

家族や子どもをないがしろにして副業を取るなんてことしてはいけません。

僕もそれで過去に何度か失敗したことがあります。

まとめ

家事や子育てをしながら副業で成功する方法に関して書かせていただきました。

まずは時間を作るのが大前提です。
その上で空いた時間にコツコツ積み重ねていける副業を選んで取り組むようにしていきましょう!

とはいえ、自分の体を酷使しすぎてはいけません。
体を壊してしまったら家事や子育てをできる人がいなくなってしまいます。

焦らずゆっくり休むのも大事なことです!!!