マーケティング

マーケティングの定義まとめ | 先人の知恵を活用して軸を定めよう!

マーケターとして働きたいと思っているんだけど、そもそもマーケティングが何かよく分からない。
マーケティングの定義っていろんな人(や企業)が定めているけど、何が正しいの?

こちらの記事ではこんな疑問や悩みを解決していくために

  • マーケティングとは何か?
  • マーケティングの定義
  • 結局マーケティングってなんなの?

という話をしていきます。

マーケティングの定義として言われていることとして、確かに同じようなことを言っているものが多いです。
ただ、言い回しが違ったり、視点が違ったりするだけかと。

それぞれが定める定義を知ることも重要ですが、それよりも重要なのは「マーケティングする上で自分の軸を作る」ことです。
自分中で軸になるマーケティングの定義を定めるために、よく言われているマーケティングの定義を参考にしてみてください。

では早速始めていきます。

マーケティングの定義まとめ

まずはよく言われるマーケティングの定義をまとめました。

小難しい文章のものからシンプルなものまで色々ありますね。
なんとなくでいいので、自分が腑に落ちるマーケティングの定義はどれなのか考えながら見てみると良いかもしれません。

マーケティングの定義(日本)

【日本マーケティング協会の定義】
マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野にたち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である。

【日本オペレーションズ・リサーチ学会】
マーケティングとは、個人や組織が製品の創造を行い、市場での交換を通じて自らのニーズや欲求を満たすために行う様々なプロセスのことである

【株式会社ミツエーリンクス】
マーケティングとは、顧客の創造、維持を目的とする企業が、その目的を満たすような交換を顧客とのあいだに生み出すために、アイデアや財やサービスの考案から、価格設定、プロモーション、流通に至るまでを計画し実行するプロセスです。

【グロ-ビス経営大学院】
マーケティングとは、顧客満足を軸に『売れる仕組み』を考える活動

【三省堂大辞林】
消費者の求めている商品・サービスを調査し,供給する商品や販売活動の方法などを決定することで,生産者から消費者への流通を円滑にする活動。

【広告用語辞典】
様々な定義が存在するが、財・サービスの交換に際して、需要と供給との間に生ずる問題を解決する過程、あるいはその技術的体系を指して使われることが多い。またその考え方の傾向として、顧客(消費者)志向、競争志向、価値想像志向などが指摘できる。この志向のもとで、継続的な交換関係を創造的に持続していくことが目視される。

【All About マーケティングの基礎】
儲け続ける仕組みを作ること

【ストラテジー&タクティクス株式会社】
お客様に価値を提供してお金をいただくこと

【ニーズ創造研究所】
マーケティングは、業務の効率(利益の効率)をアップさせる科学的手法といえます。売れるための仕組みづくりともいわれています。よく、宣伝や販売促進活動がマーケティング活動と思われているようですが、本来は、顧客のニーズを満足させるための活動といえます。

【とはサーチ】
マーケティングとは、企業などが顧客との対話の中でお互いの理解を深め合い、双方にとって最適となるような市場を創造しようという活動のことである。

【Wikipedia】
マーケティング(英: marketing)とは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。

マーケティングの定義(アメリカ)

【アメリカのマーケティング協会】
Marketing is the activity, set of institutions, and processes for creating, communicating, delivering, and
exchanging offerings that have value for customers, clients, partners, and society at large.
マーケティングとは、顧客、依頼人、パートナー、社会全体にとって価値のある提供物を創造・伝達・配達・交換するための活動であり、一連の制度、そしてプロセスである。
(慶應義塾大学 高橋 郁夫氏による翻訳)

【ピーター・ドラッガー】
The aim of marketing is to know and understand the customer so well the product or service fits him and sells itself.
『マーケティングの目的はセリング(単純販売活動)を必要なくすることである』
※『マーケティングのきほん』翔泳社

「マーケティングの目的は、販売を不必要にすることだ。マーケティングの目的は、顧客について十分に理解し、顧客に合った製品やサービスが自然に売れるようにすることなのだ」
※『マネジメント』ダイヤモンド社

【フィリップ・コトラー】
Marketing is about identifying and meeting human and social needs.
『マーケティングとは社会活動のプロセスである。その中で個人やグループは、価値ある製品やサービスを作り出し、提供し、他社と自由に交換することによって、必要なものや欲するものを手に入れる』
※『マーケティングのきほん』翔泳社

【セオドア・レビット】
「顧客を引きつけ、維持するという企業目的を達成するために、総力を挙げてやらなければならないすべてのことを、一手に引き受けるのがマーケティングである」
※『レビットのマーケティング思考法』ダイヤモンド社

マーケティングとは、顧客の創造である
※Harvard Business Review

結局マーケティングってなんだ?

結局、マーケティングっていうのは何かというと・・・

僕にも分かりません。笑

正直、僕みたいな新米マーケターが「マーケティングの定義はこれ!」と言えるようなものではないです。

上記の定義に関しても、どれが正しいとかどれが間違っているというものでも無いんですよね。
というか、それぞれの解釈の違いだったり、視点の違いだったり、使う言葉の違いだったりなだけで、全てが正しいんだと思います。
あと、時代によってマーケティングも移り変わってきているので、提唱された時代なども関係してくるでしょう。

ですから、あなた自身が自分にしっくりくるマーケティングの定義を上記から選んだり、自分で少し変えて定義を作ってしまえば良いんじゃないかと。
定義を定めると、自分がマーケティング活動するときのブレない軸になります。

まとめ:自分の中のマーケティングの軸を

こちらの記事を書く前にも有名な定義に関しては知っていましたし、色々なマーケティングの施策をしてきました。

その中で、僕自身が考えるマーケティングの定義はこちらです。

さとのマーケティングの定義
「必要としている人に良い商品を届けるための活動」

僕は前述したマーケティングの定義の中であれば、ドラッガーの定義が一番しっくりきました。
「セリングを必要なくすること」ということは、商品を本当に必要としている人に商品を届けるのと同義です。

砂漠にいて喉がカラカラの人に水を持って行ったら、商品(水)はセールスしなくても売れますよね。
そういう状態の人(商品が欲しくてたまらない人)に良い商品を届けるのがマーケティングだということですね。

マーケティングやセールスのテクニック次第で、必要としていない人に商品を売ったり、いい商品ではないとしてもものを販売することができてしまいます。
僕も実際に必要としていない人に商品を売ったり、自分自身でもあまり良いとは思えない商品を販売した経験もありました。

今思うと「自分自身にマーケティングのスキルが足りなかったから」本当に必要な人に必要なものを届けることができなかったんだと思っています。

今後はこちらの記事で書いた自分の定義
「必要としている人に良い商品を届けるための活動」を軸に、マーケティング活動をしていきたいと思います。

ぜひ、あなたも自分の中のマーケティングの軸(定義)を定めてマーケティングに取り組んでみてください!