未分類

マーケティングの専門用語を覚えるのはいいけど使う人は選ぼうって話

マーケティングの用語に関する記事を書いていて、

「マーケターって小難しい言葉使いたがる人多い?」

って何となく思いました。

マーケティングの勉強をする上で、確かに色々なマーケティング用語が出てくるし、覚える必要はあります。
ただ、「専門用語を使う人は選んだ方がいいよ」ってことを伝えたくて記事にしてみました。

これからマーケティングの勉強をする人や暇な人は読んでいってください!

マーケターは難しい言葉を使いたがる(偏見)

僕の経験上、会社でマーケターとして働いている人は難しい言葉を使いたがる傾向にあります。

ここからは個人的な見解ですが、
マーケターは効率的な思考をしている人が多いので、専門用語を使って話すことで、少しでも自分が話す言葉を短くしたいのかもしれません。

ですから、会社でマーケターとして働く場合は、最低限のマーケティング用語を知っておく必要がある気がします。(知っておかないと会話についていけない可能性があるのでw)

経営者は難しい言葉をあまり使わない(これも偏見)

経営者もマーケティングの知識が必要で、かなりマーケティングに詳しい人もいます。
ただ、経営者でマーケティングの知識があるような方はあまり難しい言葉を使わない気がします。

専門用語などを使うと聞いている側が分かりづらいということを理解しているからですかね

まあ、今まであった経営者の方がそんな感じだっただけなので、個人的な主観ではありますが。

マーケターはこういう言葉が好き

僕が転職するまえの会社のマーケッターの方が実際に使っていた言葉を並べると

  • MA
  • CRM
  • BIツール
  • アドベリフィケーション
  • アトリビューション
  • リードジェネレーション
  • (リード)ナーチャリング
  • セールスフォース
  • マルケト

こんな感じ?

僕は前職はWEBマーケターとして働いていなかったのですが、マーケティング部署の中のいい知り合いは上記を当たり前のように使って話してきましたw

ヘボマーケターの僕は理解するのがやっとだったので、「日本語でおk」とお願いしたかったです。笑

僕はフリーの時にマーケティングもやってきたので、ある程度会話になっていたのですが、他の人がその人と話すと「?」となることも多かったようです。

「○○さんは言葉が難しくて何言っっているか理解できないから、さとさん代わりに話してきて〜」と言われることも結構ありましたw

専門用語使いすぎると嫌われるよ!w

別にマーケティングに限らずですが、相手を選ばずに専門用語を多用してしまうと、嫌われてしまうかと・・・

確かに専門用語を知っている人同士で話す場合は説明をはしょれるので便利ですよね!

ただ、「自分が知っている言葉は相手も知っている前提」で話はしない方がいいっす。
専門用語を使う場合は相手を選んで話しましょう!

まとめ:専門用語を使いたがらない方がいい

まあ、確かに覚えた言葉や知っている言葉って使いたくなりますよね。
ウチの1歳の子供もそうですから、人間の本能としてそういうのもあるのかもしれません。

ただ、専門用語を使いたがる人は

  • 知識があるアピールをしたい(そしてマウントを取りたい)
  • 空気を読めない(相手が理解していないのを感じ取れない)

という印象が個人的にあります。

実際に前職で専門用語を頻繁に使いすぎる人は
「あの人何言ってるか分からない」って言われてました。

能力はある人だったのにもったいない・・・

会社員として働いていたり、取引先がいる場合は「空気を読む」ってすごく大事なことです。

もしあなたがマーケティングの用語を覚えたとしても、相手を選んで使うようにすることをおすすめします。