ライフハック

【Mac】Skype通話の録音と画面録画を同時にする方法

こんにちは!
さとです!

本日外注さんとの打ち合わせを録画&録音するために、Macに標準で入っているQuickTimePlayerを使ってみました!!!

QuickTimePlayerは、画面の収録をしながら、マイクの音声を録音できるという、すぐれもの!!!

だがしかし!!!

僕が話した声に関しては、録音できるのですが、相手が話した声(パソコンから出力される音声)に関しては録音できない((((;゚Д゚))))!

スピーカーで話して相手の声もマイクから入るようにすれば録画できるのですが、周りでは会社のスタッフが作業をしていたりしたので、話をスピーカーで筒抜けにするわけにもいかず・・・。

ということがあって、画面を収録しつつ、マイクからの音声の入力&パソコンからの音声の出力を録音する方法を調べたので、まとめたいと思います^^

【Mac】Skypeの通話を録音するために必要なソフト

MacでSkypeの通話を録音、同時に画面を録画するために必要なソフトは3つあります!

  1. QuickTimePlayer(Macに最初から入ってます)
  2. Soundflower
  3. LadioCast

この3つです。

SoundflowerとLadioCastのインストール

QuickTimePlayerは標準で装備されてますので、インストールする必要はないですね!
あとの2つはフリーソフトですので、無料でインストールすることができます!

インストールは下記のURLからどうぞ^^

Soundflowerのインストールはこちら

ここで、こやつをインストールするのに、僕は結構苦戦しましたwww
苦戦したのですが、なんとか調べながら無事インストールすることができました!w

次にLadioCastをインストールしましょう!
LadioCastはAppStoreのアプリケーションですので、めっちゃ簡単にインストールできます(๑•̀ㅂ•́)و✧笑

LadioCastのインストールはこちら

Skypeの設定

まずはSkypeの設定をしていきます!

1.Skypeを起動する

Skypeの起動画面

2.名前の横の【︙】をクリックして、その中の【オーディオとビデオの設定】をクリック

Skypeのオーディオとビデオの設定の開き方

3.オーディオとビデオの設定を行う
マイクはあなたが使っているイヤホン(僕の場合はAirpods)
スピーカーは先程インストールしたSoundflower(2ch)を選択する。

Skypeのオーディオとビデオの設定画面

これでSkypeの設定は終了です!

Macのシステム環境設定

次にMacのシステム環境設定をしていきます!!!

1.画面の左上にあるAppleのリンゴマークをクリックして、システム環境設定を開く

Macのシステム環境設定の開き方

2.システム環境設定の中のサウンドを選択

Macのシステム環境設定のサウンド

3.出力と入力の設定をする
出力のタブをクリックして、Soundflower(2ch)を選択する。

出力のSoundflower(2ch)を選択

次に入力のタブをクリックして、使用しているイヤホンマイクを選択する(今回の場合はAirPods)

入力で使用しているイヤホンマイクを選択

システム環境設定はこれで終了です^^

LadioCastの設定

次に先程インストールしたLadioCastの設定をしていきます!

まずLadioCastを開きましょう!
そうしたら、赤枠の部分を画像を参考にして、その通りに設定してみてください^^!

LadioCastの設定

・入力1
【Soundflower(2ch)】を選択。
下の【メイン】と【Aux1】を選択。

・入力2
使用するイヤホンマイクを選択。
下の【Aux1】のみを選択。

・出力メイン
使用するイヤホンマイクを選択。
音量をMaxにする。

・出力Aux1
【Soundflower(64ch)】を選択。
僕の場合はAirpodsになっていますが、ご自身が使用するイヤホンマイクを選択するようにしてください!

正しく設定されている場合

ここまで正しく設定されていれば、下記のような動きをしますので、確かめてみてください!

音楽や動画などを流したら、【入力1】、【出力メイン】、【出力Aux1】のメーターが動き、イヤホンから音楽が聞こえる。

音声を出力したときのLadioCastの確認

自分が話した場合、【入力2】、【出力Aux1】のメーターが動く。

音声を入力したときのLadioCastの確認

僕自身が初めてこの設定をして失敗したこととしては、【入力2】の中の【Aux1】だけでなく、【メイン】も選択してしまっていて、自分が話している音もイヤホンを通じて聞こえてしまうという状況に陥りました!w

小1時間ほど外注さんとの打ち合わせを録画しながら録音していたのですが、僕が話す声まで耳から聞こえるので、変な感じでしたが1時間耐えてましたwww

で、終わった後調べたら普通に設定が間違えているだけでした(´・ω・`)w
そりゃそうだよなーと納得しましたwww

QuickTimePlayerの設定

ここまで正しく設定できていたら、最後にQuickTimePlayerの設定になります!

まずQuickTimePlayerを開きましょう!
上のメニューの【ファイル】の中の【新規画面収録】をクリックします。

QuickTime Playerの新規画面収録の開き方

そうするとこんなのが開くので、録画ボタンの横にある下矢印をクリックして、その中にあるSoundflower(64ch)を選択します。

QuickTime Playerの録画時の設定

これで録画ボタンをクリックして録画を開始すれば、自分の音声も、Skypeの通話相手の声(パソコンの出力の音声)も画面を収録しながら録音することができます!!!

設定は何となくややこしい部分もあったかもしれませんが、一つずつ参考にしていただきながら設定してみてくださいね!

僕が実際に使って感じた、ちょっとした注意点

とりあえず、こちらの記事を参考にしていただき、この通りに設定していただければ多分大丈夫だと思います!

ただ、僕が使ってみて気になったところとか、注意しなきゃなーってところもあったので、最後にそれを紹介したいと思います( ・∀・)!

実際に聞こえている音量と録音されている音量に差がある

録音中のパソコンから出力される音(Skypeの場合相手の通話の声)は実際にパソコンの音量の設定によって、録音される動画の音量も変わるみたいです。

で、実際にイヤホンで聞いている音の音量と、録音されている音量に結構差があるなーと感じました。

僕の場合はパソコンの音量をMAXにしていて、結構相手の声も大きめに聞こえる状態で録音したのですが、実際の動画の音声ではそこまで音量が大きくなかったです。

もしかしたら、設定でどうにかなる部分なのかもしれませんが、僕自身今回インストールしたアプリ自体がどんなものかあまり理解してないので、設定を変更できません!!!笑←

ですから、もし重要な打ち合わせ等をSkypeの通話で録音することがある場合は、事前にテストしてみて、実際に録音しているときの声の音量と保存した動画の音量とを比較してみた方が良いかと思います^^

LadioCastを開いてないとパソコンの出力の音が聞こえない

これはシステム環境設定で、サウンドの出力を【Soundflower(2ch)】を選択しているからです。

LadioCastを開くことで、Soundflower(2ch)に入力される音もイヤホンから聞こえるような設定になっています。

しかし、普段パソコンで音楽を聞いたり、動画を視聴したりする時に、システム環境設定のサウンドの出力をお使いのイヤホンに設定し直す必要があります。

まあ、LadioCastを常に開いていてもいいのですが、録画&録音する機会なんてそんなに頻繁に無いと思うんですよね・・・。

ですから、僕自身は録画するときにいちいちシステム環境設定のサウンドで出力を変更するようにしています^^;

なんか便利な方法があるなら誰か教えてください〜m(_ _)m

Macのサウンド設定のショートカット

ちなみに、【アップルマーク】→【システム環境設定】→【サウンド】と進まなくても、簡単に設定変更する方法もありますので、ご紹介しますね!

メニューに有る音量のマークを【option】キーを押しながらクリックすると、普通にクリックしたときと表示が変わります。

Macのサウンド変更のショートカット方法

そうすると、デスクトップ上で出力や入力の設定ができるので、一々システム環境設定を開いて設定しなくて良いので、時間短縮になります^^

まとめ

Skypeは画面共有ができたりするので、通話を録音しながら、画面も録画できたら便利な使い方がたくさんできそうですね!

設定に関しては、細々したところが難しいかもしれませんが、こちらの記事を見ながら一つ一つ進めていけばできると思います( ・∀・)

ぜひ少しでもこの記事があなたの役に立てたら嬉しいです!

ちなみに、僕もそんなに録画&録音する機会がないので、次のときには忘れている自信があったため、記事として残させていただいたのは秘密ですwww