会社の悩み

ストレスのない仕事なんてある?まずは自分がストレスの無い状態を考えてみよう

会社行きたくないぐらいストレス半端ない・・・
ストレスのない会社なんておとぎ話の世界でしょ?

こちらの記事ではこんな悩みや疑問を解決していきます。

【本記事の内容】
会社で働くことにストレスを感じている人のために

会社でストレスを少なく働くために考えるべきことをご紹介しています。

さとゆし
さとゆし
僕は前職も現職もストレスなく会社で働いているよ!

今の会社はほぼフルリモートで実働5時間。
1日1本仕事中に映画を観ているけど、上司に何も言われないよ!笑

まず始めに結論から言ってしまうと、ストレスのない会社もあるし、ストレスの無い働き方もできます

ただ、ストレスのない状態を作り出すのは自分自身です。

では早速始めていきます。

ストレスに感じることは人によって違う

一人ひとりの価値観が違うように、ストレスに感じることも違います。

同僚とランチに行くのが普通に楽しいと感じる人もいれば、
「なんで休憩時間まで会社の人と一緒にいなきゃいけないんだよ・・・」と嫌な人もいます。

まずは今の会社でストレスに感じていることを元に、自分がストレスに感じることを洗い出してみましょう。

まずは自分がストレスに感じることを洗い出す

例えば僕だったら

  • 定時に帰れないこと
  • 休みが取りづらい
  • 何の価値も生み出さないランチに誘われること
  • 理不尽な責任を押し付けられること
  • 単調作業に追われること

などをストレスに感じます。

自分がストレスに感じることをまずは思いつく限り書き出してみましょう。
細かいことも含めて30個ぐらい書き出してみると、自分がどんなことをストレスに感じているのかが何となく分かります。

一応思いつかない方のために、次に一般的な仕事でのストレスを書いておきます。

一般的な仕事でのストレス

皆が会社の仕事で感じているような一般的なストレスです。
自分のストレスを洗い出すのに参考にしてみてください。

人間関係

それこそ先程例にあげた「ランチに誘われる」ことがストレスだったり、仕事の中でも気を使うことが多々あり、ストレスに感じることも多いです。

会社での一番のストレスと言っても過言ではありません。
人間関係を良好にできれば、他のストレスなんて別に大したことないという人も多いです。

仕事の量

仕事の量が多すぎる、逆に少なすぎる。

というように、仕事の量によってもストレスを感じる方が多いようです。

多すぎると常にプレッシャーを感じるからですね。
逆に少なすぎると「自分は何の役にも立ってない」と思ったり、周りから「あいつ何もやってない」と思われていないか不安になることでストレスを感じます。

さとゆし
さとゆし
僕は会社の仕事なんて少なければ少ないほど嬉しいけどね!笑

仕事の内容

仕事の内容が誰でもできるような単調作業を延々とやることだったりすると、ストレスを感じる人もいるようです。
あとは、逆に自分には難しすぎる仕事を任されたときもですね。

逆に単調作業が好きだったり、プレッシャーをかけられた方が期待されている感じがして嬉しいというような人もいます。
自分はどちらのタイプか考えてみてください。

理不尽な責任

上司に言われた通りにやったのにも関わらず、自分が責任を負わされるなど、会社で働いていると理不尽な責任が発生することもあります。

しかも上司は「自分で考えてやらないからだ」と言うような人も・・・

さとゆし
さとゆし
こんなんが上司だったら、即転職を考えるかやめるねw

上司のストレス

先程の理不尽な責任を押し付けてきたりというのも一つあります。
他にもパワハラ、セクハラ、モラハラなど、ろくでもない人が上司だと、本当にストレスが溜まります。

さとゆし
さとゆし
上司は選べないから、そんな人に当たったらほんとにストレスだよね・・・

拘束時間の長さ

一般的な会社の拘束時間は8時間+昼休憩+通勤時間といったところでしょうか。

昼休憩や通勤時間は自分の時間として考えたとしても、8時間。
1日の3分の1は会社の仕事をしていることになります。

8時間ですら長いのに、残業なんてしてたら自分の時間はほとんど無いですよね。
それをストレスに感じる人も多いです。

給料が少ない

長い時間働いているのにも関わらず、月の手取り20万・・・。
給料の少なさにストレスを感じている人も多いです。

確かに身を粉にして1日の3分の1も捧げて働いているにも関わらず月に20万円じゃストレスに感じるのも仕方ないです。

ストレスのない仕事なんてある?

一般的にストレスのない(少ない)仕事と言われているものには

  • 事務職
  • 工場作業
  • 警備員
  • 清掃員

といったような、人とあまり関わらないものがあげられます。

人間関係でストレスを感じている人が多いということですね。

確かに、これらの仕事は「人間関係」のストレスは少なくて済みますが、給料が少なかったり、肉体労働が多いです・・・。
結局別のストレスが出てきてしまい、本末転倒。
なので、一般的に言われるストレスのない仕事を選ぶのは、おすすめできません。

おすすめなのはストレスのない仕事や会社を選ぶのではなく、自分でストレスのない状態にするということです。

自分のストレスがない状態を目指そう

自分がストレスに感じるものを一つひとつ潰していきます。

「そんな簡単にストレスを無くせるの?」とか「ずっと悩んでたのにそんな簡単にストレスなんて無くせるわけ無いじゃん」と思うかもしれません。

しかし、自分の気持ち次第でストレスを無くすことは可能です。
というかほぼ全てのストレスの原因は自分です。

僕の場合

  • 定時に帰れないこと
  • 休みが取りづらい
  • 何の価値も生み出さないランチに誘われること
  • 理不尽な責任を押し付けられること
  • 単調作業に追われること

が一例としてあげたストレスでした。

一つずつ簡単に書くと

▼定時に帰れないこと
仕事の量がありすぎて〜という場合は別ですが、「周りが残っているから」という理由で定時に帰りづらいと思っている人も多いです。

誰に何と言われようが、「僕は定時ダッシュで退勤した」だけです。

さとゆし
さとゆし
これを続けてたら、周りから「定時で帰る人」というイメージを持たれたので、無駄な飲み会などに誘われることもなくなりました!

仕事の量がありすぎて帰れない場合はまずは上司に相談ですね。

▼休みが取りづらいこと
これも「休みたいときに休んだ」だけです。

体調が悪かったらもちろん休みますし、家族が体調悪かったり、子供のことで用事がある場合は余裕で休みます。
そもそも会社のために生きているわけではないので。

▼何の価値も生み出さないランチに誘われること
普通に断ります。笑
断りづらかったら「郵便局に用事があって〜」とか言えばOKです。

そもそも一緒に行くのが普通のような関係になってしまっていたとしても、「勉強したいことができた」など理由をつけて一緒に行くのをやめればOK。

▼理不尽な責任を押し付けられること
そうならないように上司を誘導しました。

終了。

▼単調作業に追われること
スプレッドシートの入力等日々の作業があったのですが、ほぼ自動化しました。

終了。

ごめんなさい。
最後はちょっとテキトーになってしまいました。

ただ、ストレスの原因って自分の行動次第でどうにかなるものがほとんどなので、一つずつ本気で無くそうと思えば難しいことではありません。

そもそも断れない・・・

そもそも断れないという人もいるでしょう。
僕も昔はそうでした。

ただ、本当に大切なものが何か考えたときに、僕は断れるようになりました。
だって、そんな無駄なことをするよりも大切なものはたくさんあるので!

そう言っても難しい・・・

という場合は、「会社なんていつでも辞められる状態」になっておくのがおすすめです。
そもそも「生きるお金を得るために会社に行っている」というのであれば、収入があれば会社に行く理由がありません。

贅沢しなければ、月20〜30万ぐらいで生活できると思いますので、まずは副業でそのぐらいを稼げるように目指しましょう。

「会社なんていつでも辞められる状態」になっていれば、我慢する必要すらなくなるのでおすすめです。

まとめ

会社でのストレスを少なくするためにやることは、

・自分がストレスに感じることを洗い出す
・ストレスになることを無くしていく

シンプルですね!笑

あと、「会社なんていつでも辞められる状態」になっていれば最強なので、そこを目指しましょう!