マーケティング

WEBマーケティングの仕事内容を具体例付きで分かりやすく説明

WEBマーケティングに興味あるけど、実際どんな仕事内容なんだろう?

こんなことを考えたことはありませんか?

実際に僕もマーケターとしてWEBマーケティングの仕事に就く前は、WEBマーケティングの仕事内容を理解してませんでした。

そんな状態で30歳のときに未経験でWEBマーケターとして就職し、現在3年目です。実際に会社でWEBマーケティングの仕事を担当し、周りのWEBマーケターの方々の働き方を見て、WEBマーケターの仕事内容がどんなものかが分かるようになりました。

最初に結論を書いてしまうと、WEBマーケティングの仕事内容は会社によって全然違いますし、人によっても全く違います。
ですから、身につければいいスキルなどを一概に「これ!」というものをあげられません。

こちらの記事では、WEBマーケティングの主な仕事内容を具体例を交えながらご紹介した上で、仕事内容別に必要なスキルについてお話ししています。

自分が目指すマーケターはどのような仕事内容をしていて、どのようなスキルが必要なのか、実際の具体例を参考にしてみてください。

後半では未経験でもWEBマーケティングを仕事にするためのステップも書いています。WEBマーケティングの仕事に興味がある方はぜひそちらもご覧ください!

目次

WEBマーケティングの仕事内容

WEBマーケティングの仕事内容をざっとまとめたものが下記です。

正直多すぎて良く分からないですね・・・^^;

しかし、WEBマーケティングの仕事といっても、ここに書いていることを全てするわけではありません。
基本的にはこの中の担当したいくつかを、仕事としてやっていくことになるでしょう。

前提としてマーケティングというのは「必要としているもの(商品)を必要としている人に届けるための活動」です。企業目線で言うのであれば「商品を販売し続けるための活動」です。

「WEBマーケティング」の仕事内容としては、「必要としているもの(商品)を必要としている人に届けるための活動」のWEBに関わる部分全てです。
ですから、羅列しようとするとこのように膨大な量になってしまいます。

ただ、先程も言ったようにこの膨大な仕事を全てできなければならないわけではありません

まず最初に知っておくべきWEBマーケティングの主な仕事の流れ

WEBマーケティングの仕事内容に関しては前述しましたが、どんな仕事をするにしても次の流れでやっていくことになります。

WEBマーケティングの仕事の流れ
  1. マーケティングリサーチ
  2. 企画立案
  3. 施策の実施
  4. データ分析
  5. 改善の立案

それぞれについてWEBマーケターとして働いている僕の目線で簡単に説明します。

1.マーケティングリサーチ

何か施策を立てるときは、まずは消費者や顧客からデータを集めて分析します。
具体的にはターゲットとなる消費者や、既存の顧客に対してアンケートに答えてもらったり、インタビューをしたりなどです。

他にもSNSの投稿をリサーチしたり、ネットの検索なども使用します。

データを集めるのが目的ではなく、そのデータを使って仮説を立て、施策につなげるのが目的です。

2.企画立案

集めたデータをもとに戦略を立て、企画を立案します。
会社員としてマーケティングの仕事をするのであれば、ここで上司(権限を持っている人)を納得させる必要があります。

そのために、5W1Hの中の下記は明確にしておきましょう。

  • WHO(誰に)
  • WHAT(何を)
  • WHY(なぜ)
  • HOW(どのように)

例えば、現状男性をターゲットに販売している商品が、リサーチ結果から女性にも人気があることが分かったとします。

その場合、

20代女性(WHO)に対しても商品のリーチを増やした方がいい(WHAT)。理由としてはリサーチの結果から女性にも人気があることが分かったから(WHY)。

まずは20代女性に対しての広告配信量を増やしてみようと思う(HOW)。〜〜〜という理由から1ヶ月で効果があるかどうか判断できる予想。

といったような感じのことを考えます。

基本細々した数値が求められるので、(売上とか、利益とか)それもデータ化した上で上司が納得するようにプレゼンします。

3.施策の実施

実際に施策を実施していきます。
実施していく中でも、データを分析して改善しつつ進めていきます(PDCAを回す)。

会社員でしたら、上司から数値の報告などは定期的に求められることが多いです。エクセルやGoogleスプレッドシートなどに都度まとめておくようにしましょう。

4.データ分析

企画立案時に決めた期間、施策を実施したら、実際のデータを分析します。

うまく行ったのか、うまく行かなかったのか。
うまく行った場合、なぜうまく行ったのか。
うまく行かなかった場合、なぜうまく行かなかったのか。

数値をもとに分析し、次につなげます。

5.改善の立案

分析したデータをもとに、改善策を考えます。

改善して効果が見込めそうであれば、改善案を立てて再度「3」の実行に戻ります。
改善してもあまり効果が見込めない、もしくは改善の余地がないと判断した場合、もう一度「1」に戻って新たな施策を考えるためにリサーチをしていきます。

WEBマーケティングでの2種類の働き方

WEBマーケティングの仕事を会社員としてするのであれば、大きく分けて2種類の働き方があります。
それによって仕事内容が大きく変わります。

インハウスマーケター

インハウスマーケターというのは、自社の商品やサービスをマーケティングしていくマーケターです。

自社の商品を紹介していくため、長期目線でブランド戦略やリピーター戦略なども考えて仕事をしていく必要があります。

自分が知識のある業界、もしくは自社に関係する業界の知識を身につけながらマーケティングをすすめることができる。そのため、お客さんの解像度を上げることが可能。

支援会社

インハウスマーケターとは別に運用会社や代理店で働くマーケターもいます。

基本的にクライアントがいて、そのクライアントの目標を達成するためにマーケティングの戦略を練っていくことになります。

支援会社で働くメリットとしては色々な業界の商品などに触れる機会があり、多種多様な業界のデータを知ることができること。

クライアントの目標を達成するために最適な選択肢を提案する必要があるので、幅広い知識を身につける必要があります。

WEBマーケティングの仕事内容は人によって全然違う

WEBマーケティングの仕事内容は先程お話したように、働き方(インハウスか支援会社か)によって全然変わってきます。

それだけでなく、会社によっても全然違います。

小さな会社であれば、自分の担当のようなものはなく、広い範囲でWEBマーケティングの施策をする必要があります。
逆にマーケターがたくさんいるような大きな会社であれば、自分が担当する領域は狭いこともあります。

会社の状況、商品のジャンルなどによって、最適な施策は変わってくるため、WEBマーケティングの仕事内容を絞ることはできません。
自分の頭で考えて現状の環境で最大の結果を出すために、仕事内容を選ぶことになるでしょう。

とはいえ、もう少しWEBマーケティングの仕事内容をイメージしたい方もいると思うので、次に実際の具体例をあげながら、仕事内容を見ていきます。同じ領域の人の仕事内容を見れば、なんとなくイメージはつくかもしれません!

具体例で見るWEBマーケティングの仕事内容

実際に僕が今まで会社で一緒に働いてきたWEBマーケターの仕事内容をとりあげています。

そちまる
そちまる
みんなの日報から主な仕事を抽出しました!笑

あくまで僕が働いた会社のマーケターの仕事内容ですので、これが全てではないです。逆に担当が別でしなくていいことなどもあるので、あくまでも参考程度にみてください。

LP担当の仕事内容

LP担当の仕事の目的はとにかくLPにアクセスしてきた人を一人でも多くCVさせることです。
そのために、毎日データを分析して、改善案を出して、ABテストをするという繰り返しになります。

ある程度CVが上がったら、一旦そのまま変更しないで置いておくこともありますが、僕の会社のLP担当なんかは常にCVを上げるために、細々変更を加えています。

ユーザーの流入経路や検索キーワードに合わせてLPを最適化することもあります。その場合は新たなページを作成したり、複数のページを管理することになります。

ページを改善するのにデザイナーに指示を出したり、MTGをする必要もあります。また、LP担当は基本広告運用者との連携が必須になるので、広告運用者のMTGも仕事内容として入ってきます。

広告運用担当の仕事内容

広告運用担当者の目的は効率よくお客さんになるであろうターゲットを集客することです。
そのために日々広告の分析をして、広告を調整していきます。

ディスプレイ広告などを扱う場合はデザイナーとの連携が必要だったり、動画広告を扱う場合は動画の担当と連携が必要だったりもします。
また、広告の効果を最大限に発揮するために、LP担当に提案したり、修正を依頼したりする場合もあります。

会社によっては広告からの売上がほとんどなところもあり、結構プレッシャーが強いです。
僕が働いている会社も現状は広告からの売上が8割以上を占めていて、月々1億円以上の広告費を使っているため、広告担当は大変そうです。

また、土日なども関係なく広告は回っているので、広告運用担当が一人だったりすると、休みの日も気が抜けない状態になります。

オウンドメディア担当の仕事内容

オウンドメディア担当の目的は基本的にはSEOからの流入を増やすことです。

仕事内容に関しては日々オウンドメディアのデータを分析し、SEOからのアクセスを増やすための施策を実行していきます。

新しいキーワードを狙って記事を書くこともあるため、自分でライティングをしたり、ライターさんを使ったりする必要もあります。

オウンドメディアを立ち上げるときは目的を達成するために、サイトの構造や狙うキーワードなどを考えますし、WordPressを使ってつくるようなサイトでしたら、自分でサイトを作成することもあります。

また、Googleの検索エンジンのアップデートが頻繁に起こるので、情報収集も日々しておく必要があります。

WEBマーケター3年目の僕の1日を紹介

ちなみに僕は社員数約200名ほどの会社で、SEO担当として8名のライターと複数のWEBサイトを管理しています。

下記はミーティングが無いときの実際の1日の仕事内容です。

【ミーティングが無い日】
※フルリモート

10時〜11時 データ分析&情報収集
11時〜13時 次の施策、改善案を考える
13時〜14時 お昼(インプットしながら)
14時〜16時 ライターフォロー(記事作成依頼、記事添削、WEBライティング教育など)
16時〜17時 戦略案考える(保育園迎え行きながら)
17時〜19時 資料作成など

ほぼ1日ミーティングで終わる日などもあるので、上記はかなりゆるゆるな日です。

例えば1日ミーティングの日だと下記のような感じになります。

【ミーティングが多い日】
※フルリモート

10時〜11時 データ分析&情報収集
11時〜12時 午後からのミーティング準備
12時〜13時 お昼(インプットしながら)
13時〜14時 ライター全体ミーティング
14時〜16時 ライターと1on1でミーティング(30分×4人)
16時〜17時 戦略案考える(保育園迎え行きながら)
17時〜19時 ライターと1on1でミーティング(30分×4人)

ライターさんそれぞれと1対1で毎週ミーティングをするので、その日はほとんどミーティングで潰れます。

自分の作業をする必要がある場合は、子供を寝かしつけて夜中にやったりすることもあります。(僕の会社はいつ働いてもいいので)

WEBマーケティングを仕事にするなら!最低限必要なスキル

最低限必要なスキル
  • マーケティングの基礎知識
  • エクセル(Googleスプレッドシート)
  • パワーポイント(Googleスライド)
  • コミュニケーションスキル
  • 情報収集力

ここに書いたスキルはWEBマーケティングの仕事をする上であった方がいいです。
WEBマーケティングの仕事に限らず、会社で働くならあった方が良いスキルでもあるので、最低限この5つは身につけておきましょう。

・マーケティングの基礎知識
マーケティング全般の基礎知識は身につけておくといいでしょう。
基礎知識は本などを読んで身につけるのがおすすめです。

・エクセル(Googleスプレッドシート)
数値の管理をしたり、レポートの提出をしたりする場合、エクセルやスプレッドシートを使うことが多いです。

関数などを自在に使える必要はありませんが、基本的な機能は使えるようにしておきましょう。

・パワーポイント(Googleスライド)
資料をつくったり、デザイナーへの指示書を作成するときに、パワーポイントやGoogleスライドを使うことがあります。

こちらも最低限の機能は使えるようにしておきましょう。

・コミュニケーションスキル
マーケティングの仕事は周りとの連携が必要になることが多いです。そのため、コミュニケーションスキルはあるに越したことはありません。

すぐにコミュニケーションスキルを身につけたりはできないと思いますが、常に周りとのコミュニケーションをとるように心がけましょう。

・情報収集力
今は情報の流れがかなり早く、マーケティングではつい数年前のものが現在は全く使えないということも多いです。
なので、常に最新の情報を仕入れる必要があります。

トレンドにアンテナを張っておくのはもちろん、自分の担当領域の情報は常にインプットしていくようにしましょう。

WEBマーケティングの仕事内容別!必要なスキル一覧

次は自分が担当になった仕事内容ごとに必要なスキル一覧を見ていきます。
自分がどんな仕事をしたいか、そしてどのスキルを身につけるべきか参考にしてみてください。

SEO担当の必要スキル

SEO担当者になった場合、専属のライターがいない場合は自分でライティングをすることもあります。なので、WEBライティングのスキルはあった方がいいです。

WEBライティングに関しては内部SEO対策のために重要なコンテンツの質に直結する部分なので、ライターを教育する場合などもWEBライティングの知識は必要になります。

また、WordPressで作れるような簡単なサイトの場合は自分で作ることもあるので、最低限WordPressを使うことができた方がいいでしょう。
HTML、CSSなどについては、実際に自分でサイトを作成できるほど詳しい必要はないですが、内部SEOの観点でも知っておいた方がメリットが多いです。

【SEO担当者がよく使うツール】
Google Analytics、サーチコンソール、検索順位チェックツール(GRC、Rank Tracker)など

SNS担当の必要スキル

SNSといっても様々なのものがあります。
有名なSNSはTwitter、Instagram、Facebook、TikTok、YouTubeなどがあります。
SNS担当となると、基本的に上記のSNSのいずれか、もしくは複数を担当することが多いです。

それぞれのSNSで上位に表示されたり、おすすめに載るためのアルゴリズムに違いがあります。SNS担当者はその知識と運用のためのスキルが必要です。

バズを狙うのはかなり難しいのですが、バズを狙うような創造力があると、更にSNS担当に向いていると言えます。

【SNS担当者がよく使うツール】
Twitterアナリティクス、Instagramインサイトなど

LP担当の必要スキル

LP担当者はLPO(ランディングページ最適化)の知識が必要です。また、LP内の申込フォームを最適化する必要もあるので、EFO(エントリーフォーム最適化)の知識があるといいでしょう。

また、LPの改善などの効果測定のためにABテストを繰り返し行います。なので、ABテストをするためのツールなどは使える必要があります。

【LP担当者がよく使うツール】
Googleアナリティクス、Googleオプティマイズ、ヒートマップツールなど

広告運用者の必要スキル

広告運用で使う主な広告媒体はGoogle、Yahoo、Facebookなどです。最低限この3つは使えるようにしておいた方がいいでしょう。
その他にも多数の媒体と様々な種類の広告があります。

広告媒体ごとの運用スキルに関しては、やりながら身につくものなので、そこまで心配いりません。

それよりも広告運用者は最適なKPIを設定して会社の利益を最大化する方が重要です。広告予算の中で利益を最大化できるような広告設定を常に追求していく必要がありあmす。

【広告運用者がよく使うツール】
各媒体の広告管理画面、Googleオプティマイズなど

WEBマーケティングの仕事をする上であると便利なスキル

マーケティング心理学の知識

顧客の購買行動に関わらる心理学を勉強しておくと、どの担当になったとしても役に立つ場合が多いです。

マーケティング心理学の知識を身につけるのであれば、まずは「影響力の武器」を読んでみるといいでしょう。本質的なことを学ぶことができます。

かなり有名な本なので、マーケティングに興味のある方はすでに読んでいるかもしれませんが、まだ読んでいない方はぜひ読んでみて下さい。

データ分析のスキル

どの担当になったとしてもマーケティングの仕事にデータ分析はつきものです。
データ分析に使うツールなどは最低限使えるようにしておきましょう。

Googleアナリティクスや、サーチコンソールは多くの会社で使っているもので、個人でも使うことができます。

WEBマーケティングを仕事にしたいなら次の4つのステップ

WEBマーケティングの仕事に付きたいという方のために、知識ゼロからWEBマーケターになるための4つのステップを紹介します。

WEBマーケターになるための4ステップ
  • STEP1.マーケティング全般の知識を身につける
  • STEP2.自分が目指す方向性と働き方を決める
  • STEP3.その分野の知識を身につける
  • STEP4.アウトプット(実践)をする

STEP1.マーケティング全般の知識を身につける

まず最初にマーケティング全般の知識を身につけましょう。

マーケティングの知識を広く学ぶのは「本」がおすすめです。
マーケティング関連の本を流し読みで良いので、まずは10冊読んでみましょう。10冊ぐらい読むと何が重要かなんとなく分かってきます。

用語や内容を完璧に覚える必要はないです。
知識さえあっても、結局実践で経験を積まなければ意味がないので、ここはざっくりで問題ありません。

STEP2.自分が目指す方向性と働き方を決める

マーケティングの仕事をする上で、「どんな働き方をしたいか」、「何の担当になって、どんな仕事内容をしたいか」など、目指すべきところを最初に決めておきましょう。

これを決めておくことで、学ぶべきことを絞ることができます。
学ぶべきことを絞ることができれば、最短で目的が達成可能ですし、絞ることでそれが自分の「強み」になります。

広くなんでもこなせるジェネラリストになりたいという方もいるかもしれませんが、その場合も一つずつです。

まずは自分が目指すべき方向性を決めるようにしましょう。

STEP3.その分野の知識を身につける

目指す方向性が決まったら、それに必要な知識を身につけていきます。

ここでも僕がおすすめするのは「本」です。
それぞれの分野に特化した本も多数あります。分野に特化した本もとりあえず10冊流し読みして、その中から3冊選んでしっかり読み込みましょう

3冊読み込めば、その分野の詳しい人とまともに会話できるぐらいの状態にはなるでしょう。

STEP4.アウトプット(実践)をする

マーケティングでは何より実践が重要です。自分でインプットしたところで、結局は机上の空論で役に立つ知識にはなりません。

勉強した知識を使って実践するようにしましょう。
実践するためのおすすめの方法は2つです。

1.個人で小さくビジネスを始めてみる
勉強した知識を使って実際に個人でビジネスを始めてみましょう。
個人で何かしら販売できるレベルになれば、正直マーケターとして会社に採用してもらうのは難しくないです。

そちまる
そちまる
僕も30歳まで会社で働いたことすらなかったけど、問題なくWEBマーケターとして就職できたよ!

SEOを学びたいのであれば、自分でWordPressを使ってブログを立ち上げ、実際に記事を書いてみる。
SNSの運用を学びたいのであれば、各種媒体のSNSに毎日投稿してデータを分析してみる。
広告運用を学びたいのであれば、広告出稿用のページを作成し、実際に少額で広告を回してみる。

どのやり方にしてもやっていく過程でさらに学ぶべきことがでてくるので、それを調べながらやっていきましょう。

最終的にはそれぞれの方法で何かしら販売することを目指しましょう。

そちまる
そちまる
自分で販売する商品を作るのは難易度が高いので、まずはアフィリエイトがおすすめ!

2.実践的に学べるスクールに入る
マーケティングのスクールの中には実践を通して学べるスクールもあります。
自分でビジネスを始めるのは少し難しいと感じる人はマーケティングのスクールに入るのもいいでしょう。

スクールを選ぶ一番のポイントとしては、しっかり「実践を通して学ぶことができるかどうか」です。インプットだけであれば、正直本を読めばいいので、高いお金を払ってスクールに通う必要はありません。

実践をするとなると、個人では難しい部分もあります。なので、それがでできるスクールであれば役に立ちます。

また、WEBマーケターとして会社に就職したいのであれば、就職までサポートしてくれるスクールもあります。
就職まで見据えているのであれば、就職サポートのあるスクールを選ぶのがいいでしょう。

WEBマーケティングを仕事にする上でどんなスキルよりも大切な3つのこと

ここまで、WEBマーケティングの仕事内容やその仕事に必要なスキルなどのお話をしてきました。
もちろん、仕事内容を理解してスキルを身につけるのは重要なのですが、マーケティングをする上でそれ以上に大切なことがあります。

それが次の3つです。

  • 顧客視点で考える思考力
  • PDCAを高速で回す行動力
  • 結果が出るまで諦めない根気

それぞれをについて説明します。

顧客視点で考える思考力

商品やサービスを購入してくれるのは結局はお客様です。
当たり前のことといえばそうなのですが、本当に顧客の気持ちになって客の視点から逆算してマーケティングをすることができれば、それだけで十分です。

顧客を理解することができれば、どうすれば興味を持ってもらえるか、どうすれば買ってもらえるか、といったことが分かるようになります。

SEOで〜、SNSで〜、広告で〜といったような細々した戦略は、根本に顧客の視点で考えられるようになった上でのものです。

PDCAを高速で回す行動力

WEBマーケティングの仕事で結果を出すには、PDCAを高速で回す必要があります。

マーケティングのプロだとしても、最初からうまく行かないことなんてザラにあります。

そちまる
そちまる
実際に高いお金を払って有名な会社のコンサルを受けてもうまく行かないことなんてたくさんあるし(経験談)

マーケターは最初に失敗したとしても、何度も仮説検証を繰り返すことで、正解を見つけていきます

必要なスキルなどはPDCAを高速で回していれば知らずしらずのうちについてくるので、細々したスキルよりもPDCAを高速で回せる行動力の方が重要です。

結果が出るまで諦めない根気

先程も言いましたが、戦略を考えて実行したとしても、最初からうまく行くことなんてほとんどありません。

これはマーケティングのプロでも初心者でも一緒で、プロは経験がある分成功の確率が高いというだけです。

失敗したとしても何度も何度もPDCAを回すことで、成功へとつなげていきます

何度も失敗するのは辛いことではありますが、それは成功までの道のりです。
辛い道のりの中で諦めない根気があるかどうかが、結果を出せるマーケターかそうでないかを決めます。

そちまる
そちまる
WEBマーケターと聞くとスマートに仕事をしているイメージがあるかもしれませんが、案外泥臭く何度も失敗を繰り返していますよ!

まとめ

WEBマーケティングの仕事内容に関してお話しました!
最後に記事の内容をまとめておきます。

前提として、WEBマーケティングの仕事といっても、人によって全然違うということ。

仕事内容(施策)一覧

仕事の流れ
  1. マーケティングリサーチ
  2. 企画立案
  3. 施策の実施
  4. データ分析
  5. 改善の立案
最低限必要なスキル
  • マーケティングの基礎知識
  • エクセル(Googleスプレッドシート)
  • パワーポイント(Googleスライド)
  • コミュニケーションスキル
  • 情報収集力
仕事内容別必要スキル

【SEO担当】

  • SEOの知識
  • WEBライティングスキル
  • WordPressの知識
  • HTML&CSSなどの言語の知識

【SNS担当】

  • SNS媒体ごとのアルゴリズムの知識
  • SNS運用のスキル
  • バズらせることができる創造力

【LP担当】

  • LPOの知識
  • EFOの知識
  • ABテストを行うためのツールを使えるスキル

【広告運用者】

  • 広告媒体ごとの運用の知識
  • 最適なKPIの設定スキル
あると便利なスキル
  • マーケティング心理学の知識
  • データ分析のスキル
なるための4ステップ
  1. マーケティング全般の知識を身につける
  2. 自分が目指す方向性と働き方を決める
  3. その分野の知識を身につける
  4. アウトプット(実践)をする
3つの大切なこと
  • 顧客視点で考える思考力
  • PDCAを高速で回す行動力
  • 結果が出るまで諦めない根気

ぜひWEBマーケティングの仕事内容を把握して、結果の出せるWEBマーケターになりましょう。